None Aoi
ヨシノボリング開発プロジェクト
2018-12-08 01:29:57 UTC by Aoi

仕掛け

ヨシノボリは足元に多くいます。長い竿だとピンポイントで近くのポイントを攻めるのは難しいです。そこで、タナゴ用の短いロッド、今回は90cmのロッドを使うことにしました。ダイソーに売っている竿の先だけを使うのも良いかもしれませんが、よりスリリングな釣りにするために、タナゴ用のロッドを使うことにしました。

タナゴ用ロッド

とても柔らかく、小型のヨシノボリをスリリングに釣ることが出来そうです。

ロッドと同じぐらいの長さのラインを使い、0.2gのメバル用ジグヘッドに、アジング用のワームを付けて挑戦したのですが、ヨシノボリは食いついては来るものの、針が大きすぎて、ヨシノボリは全然掛かりませんでした。ちなみにリールは使いません。

ジグヘッドとワーム

そこで、ルアー用フックの一番小さいものに、ガン玉を付けてジグヘッドを自作しました。このサイズなら多分くわえられるだろうと期待したのです。

自作ジグヘッド

この仕掛けにもヨシノボリがアタックしてくるのですが、くわえきれません。代わりにオヤニラミが釣れました。オヤニラミの口には入るのですが、ヨシノボリの口には入らないようです。

そこで、タナゴ用の針にガン球を付けた極小のジグヘッドを作り、ワームも半分に切って使ってみることにしました。

タナゴ用の針はハリス付きで市販されています。

タナゴ針

ハリスと針のつなぎ目の部分に最小のガン玉をつけてジグヘッドにします。

自作ジグヘッド

ワームは最小のアジングワームを半分に切って使います。

タナゴ用の針で作ったジグヘッド

ジグヘッドにすることで、竿先をちょんちょんと動かすと、ワームがまるで生きているかのようにクネクネ動きます。

タナゴ用の針にはハリスが付いています。ラインを短くして最小のサルカンを使ってハリスとラインを繋ぎました。この仕掛が的中! 見事にヨシノボリを釣ることが出来ました。

 

コメント

コメントする

hitoisへの寄付をお願いします。

hitoisは皆様の寄付で運営されています。
詳しくはこちら。